虫歯が痛い

歯の痛み、虫歯でお困りの患者さまへ

歯の痛み、虫歯でお困りの患者さまへ

歯がズキズキ痛む、歯茎が腫れて痛いなどの症状の場合、虫歯や歯周病がもっとも疑われます。虫歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。
早めの治療によって、治療時間も痛みも費用も節減できます。

虫歯治療の種類について

虫歯治療の基本は虫歯になってしまった箇所を「取り除く」ことです。細菌に犯されてしまった歯質は取り残しがないようにしっかりと除去することが重要です。治療の方法は虫歯の進行度合いによって異なってきます。

小さな虫歯の場合 樹脂などで詰める

小さな虫歯は、削り取った後、樹脂などで穴を塞いで治療終了です。歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回程度で済むケースがほとんどです。

中程度の虫歯の場合 型をとって詰め物をつめる

中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済まない事が多く、一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まるつめものを作ります。材質は金属や樹脂などさまざまです。型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。

大きな虫歯や深い虫歯の場合 歯に金属などを被せる

大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がかみ合う際の力に耐える事が出来るよう、歯を大きく削って被せることになります。中程度の虫歯の治療と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、「被せ物」を作ることになります。治療には数回通う必要があります。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

勝沼歯科クリニックの口コミはこちら

24時間簡単予約

カード

携帯サイト