インプラント

インプラントとは?

歯科治療におけるインプラント(implant)治療とは、虫歯や歯周病などで失ってしまった天然歯の代わりに、チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、かみ合わせを回復する治療法です。
『植え付ける』という意味を持つ、この『インプラント(implant)』治療は、歯科治療の領域においては、「人工歯根を顎の骨に埋め込む治療」、あるいは「人工歯根」そのものを指します。 また、インプラントは機能的に入れ歯のような脱着する方式ではない為、限りなく自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、見た目も天然歯のように見え、気になりません。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラント(またはインプラント体)

直接、穴を開けた歯槽骨の中に埋められる歯根の役目を果たす部分。 素材はチタンかチタン合金で作られ、ネジのような形をしています。

アバットメント(支台部)

インプラント体と人工の歯(上部構造)の間を支える重要な部分です。アバットメントは上部構造にあわせた素材を選択することにより、審美的な配慮も可能です。

上部構造(人工歯冠)

いわゆる「歯」の部分。セラミックやジルコニアなど、"審美的こだわり"や"ご予算"により様々な素材を選択することができます。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントの長所(メリット)
◎限りなく天然歯に近い"噛み心地"
インプラント治療の仕組み自体、従来の治療法に比べ天然の歯に近い構造をつくりだすため、固い食べ物や粘性のある食べ物もおいしく食べることができ、歯を失う前の活発な生活が取り戻せます。

◎"一本だけ"から"全歯"まで治療が可能です
インプラントは残っている他の歯に負担をかけず、欠損部分だけを補うことができる治療方法です。
◎入れ歯には無い美しさ
インプラントは見た目が自然で、入れ歯のような金具が露出した部分がありません。大きな口をあけて笑っても他人に気づかれることはありません。
インプラントの短所(デメリット)
×誰にでも適応する治療ではありません
インプラントは外科手術が必要な治療ですので、誰にでも治療ができるわけではなく、重度の歯周病や糖尿病の方など、インプラントができないケースがあります。
×長期的な治療期間をともないます
インプラントは1次オペと2次オペの2回に分けて施術するケースが多く、また、人工歯根と顎の骨が結合するまでに時間がかかるため、治療完了までの期間が他の治療方法に比べて長くなります。
×保険外治療のため、治療費が高めになります。
インプラント治療は自由診療となりますので、100%自己負担となり、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。

20年間におけるインプラント症例の長期の臨床成績

グラフ
  埋入本数 撤去本数 撤去率
16年~21年経過症例 143本 7本 4,9%
11年~15年経過症例 183本 9本 4,9%
1年~10年経過症例 593本 2本 0.3%

当院の院長は1989年からインプラントによる治療を行っており、2011年2月末現在まで1800本のインプラント症例を行ってきました。20年以上にわたる臨床の間には種々のインプラントの使用経験がありますが、現在おもに使用しているインプラントは1989年当初から使用しているITIインプラントです。その中でも、一番用いられてきた充実スクリュータイプ(919本)の20年間(1989年3月~2010年6月)における臨床成績をまとめました。 最近はどこの歯科医院でもインプラントを行うようになっており、10年以上の臨床経験がない歯科医師が10年保証などと謳いながら、実際は10年たたないうちにだめになるという話も多くきかれております。 またその長期における臨床成績を公表しているところは、あまりないのが現状です。
そこで、患者さまの安心を考え、当院院長のインプラント治療の臨床成績をお示しいたします。
インプラント治療選択の一助としていただければ幸いです。

インプラントの症例

術前
インプラントの症例
術後
インプラントの症例
術前
インプラントの症例
術後
インプラントの症例
術前
インプラントの症例
術後
インプラントの症例
術前
インプラントの症例
術後
インプラントの症例
術前
インプラントの症例
術後
インプラントの症例

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

勝沼歯科クリニックの口コミはこちら

24時間簡単予約

カード

携帯サイト