矯正歯科

矯正歯科の種類

矯正歯科の種類

着脱式

メリット

自由に取り外しができるため、歯を磨く時に外したり、フォーマルな席などで外したりすることができます。

デメリット

矯正装置は口の中にとっては異物の為、装着している時と装着していない時の快適感に大きな差が出ます。その為、特にお子さんの場合、親の目の届かないところで外したままの状態が長くなり、位置が変化してしまったりして、治療効果の面で問題が出るケースがあります。

固定式

メリット

最もスタンダードな矯正装置で一定効果が定期的にみられ、問題点があれば装置の改善も効果を下 げずに修正可能です。
マルチブラケット装置が最も普及しており、永久歯にブラケットを装着し、矯正ワイヤーを通すことで 歯を移動させる治療法です。
また、歯をぬくのではなく、あごの骨を矯正装置で拡大していく床矯正や、最近では歯の裏側に ブラケットをつけて、目立たなくする舌側矯正などの治療法も登場してきて います。

デメリット

⇒歯の表側(頬側)の固定式装置の場合

⇒歯の裏側(舌側)の固定式装置の場合

日々新しい矯正装置が検討、開発されておりますが、千差万別な症状に対応できる万能装置は未だ未開発で、個人個人の状態に合わせた最も適切な治療法をご提案します。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

勝沼歯科クリニックの口コミはこちら

24時間簡単予約

カード

携帯サイト