インプラント

20年間におけるインプラント症例の長期の臨床成績

グラフ
  埋入本数 撤去本数 撤去率
16年~21年経過症例 143本 7本 4,9%
11年~15年経過症例 183本 9本 4,9%
1年~10年経過症例 593本 2本 0.3%

当院の院長は1989年からインプラントによる治療を行っており、2011年2月末現在まで1800本のインプラント症例を行ってきました。20年以上にわたる臨床の間には種々のインプラントの使用経験がありますが、現在おもに使用しているインプラントは1989年当初から使用しているITIインプラントです。その中でも、一番用いられてきた充実スクリュータイプ(919本)の20年間(1989年3月~2010年6月)における臨床成績をまとめました。 最近はどこの歯科医院でもインプラントを行うようになっており、10年以上の臨床経験がない歯科医師が10年保証などと謳いながら、実際は10年たたないうちにだめになるという話も多くきかれております。 またその長期における臨床成績を公表しているところは、あまりないのが現状です。
そこで、患者さまの安心を考え、当院院長のインプラント治療の臨床成績をお示しいたします。
インプラント治療選択の一助としていただければ幸いです。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

患者様の声

お知らせ

勝沼歯科クリニックの口コミはこちら

24時間簡単予約

カード

携帯サイト